ヒストリー

ヒストリー

「虹の穂」のパンは、無類のパン好きだった私(店長)の祖父が、亡くなる数年前に突然小麦アレルギーを発症し、パンを食べることができなくなったことから始まりました。

大好きなパンが食べられない祖父を見て、「おじいちゃんにパンを食べさせてあげたい。」

そんな家族への想いが、虹の穂のパンづくりの原点です。

なんとか好物のパンを食べさせてあげたいと思い、米粉のパンを作ることを思い立ち、修行を始めました。

一刻も早くパン作りの技術を身につけようと急いだため、大量の小麦粉を短期間で浴びてしまい、自分も小麦アレルギーを発症しました。
医師から「これ以上続けると命の危険がある」と宣告され、まさに命がけで道を探り続けた結果、100%グルテンフリーの米粉パンにたどりつきました。

お米の力でパンを焼くという、私や家族の願いを叶えることができました。

グルテンフリーのパンの製法では、世界自然遺産白神山地から発見されたパン用の酵母「白神こだま酵母」を使って自然の恵みだけで安心で安全なふんわりとしたパンを焼きあげるのです。

米粉と白神こだま酵母とほんの少しのキビ砂糖と天然の塩・米油・水。

これが基本のレシピです。

初めてそのパンを食べた時の感動は今でも忘れることができません。

探し続けて選び抜いた米を虹の穂専用の米粉として製粉していただくことでこの「田んぼのパン」を皆様にお伝えできることとなりました。

そして、焼きあがったパンの数々は、決して小麦アレルギーだからという特別食ではなく、炊き立てのご飯がおいしいと思うように誰もがそのやさしいおいしさを楽しんでいただけます。